スウィートバニラ

甘えん坊な猫のバニラを中心に日々の出来事を綴っていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日8月8日はジャムちゃんが天国へ旅立った日です。


もうあれから7年。
バニたんが家族になってから笑顔で過ごすことができるようになりましたが、今でも時々無性に会いたくなって泣いてしまうことがあります。


でも、今日は楽しかった頃の思い出を少しだけ・・・



ジャムちゃんとの出会いは、パパと結婚したとき、連れ子として、ポチ(♀)ジャム(♀)の2にゃんも一緒に暮らすことになりました。


パパが子供の頃から一緒だったこの2にゃん。
私と一緒に暮らすときには、ポチ16歳、ジャム14歳位のすでにおばあちゃん猫でした。


抱っこや人にかまわれるのが苦手なポチの方が、私を家族として受け入れてくれるのは早かった気がします。

ジャムはパパの家族の中でも気難しい仔と言われていて、私とも、ちょっと距離があったような気がします。



でも、少しずつ距離が縮まり、結局私たちは1番の仲良しになりました♪




3353.jpg





写真が、カメラ機能がついたばかりのケータイで撮ったので見づらいんですが・・・




一緒に暮らすようになって、かなり早い段階で、ジャムは私の腕枕で寝るようになりました。

寝る仕度を始めると、寝室のベッドに先回りして、私の枕元で待っています。
私が腕枕をしてあげると、顔をべったりくっつけて、一緒に寝るんです♪


夏場も同じなので、かなり暑い・・・。


ある日夢で、沖縄旅行に行き、空港に出たとき、私が暑いのに、毛皮のマフラーを巻いて、暑い暑いと言っている・・・。


目が覚めると、私の首にジャムが覆いかぶさってて(笑)
2キロ位だから、暑い暑いで済むけど、5.7キロのバニたんだったら・・・
夢から覚めることが出来なかったかも・・・(笑)



ポチとジャムはあんまり仲は良くなく、先住猫のポチがどうしてもジャムちゃんを受け入れられなくて、晩年はケンカすることも無いけど・・・


あんまり一緒にいることはなく、猫団子は1度も見ることはありませんでした。


でも、そんなポチが天国に旅立ってから、やっぱり寂しいのか、ジャムはますます甘えん坊になり、自分で私によじ登って強引に抱っこされていました。


1度抱っこすると、2時間は降りません・・。
まぁ軽い仔なので、ドラマをみながら、ず~っと抱っこしていましたが、あんまり苦にはなりませんでした。




3262.jpg




ジャムが19歳の夏、体調を崩して、どんどん衰弱していきました。
原因はわかりません。
病院に連れて行きましたが、検査すること自体が体に負担がかかり、命取りになるということで、あんまり調べられなかったんです。

でも、腎臓の数値はあんまりよくなかったみたいです。


日に日に体力が落ちて、横たわって寝ていることが多くなりました。



でも、8月7日。
旅立ちの前日、ジャムが起き上がり、おぼつかない足取りで、私のところへきて、私によじ登ろうとするのです。

本当に最後の力を振り絞るように・・・


久しぶりの抱っこでした。


このとき、体重は2キロを切っていて、抱っこの感触は骨の感触しかありません。
ジャムは安心したように、1時間位、私の腕の中で眠り降りていきました。


きっと私へのお別れの挨拶だったんだと思います。
抱っこしながら、切なくて何度も泣きそうになりました。




3279.jpg




今まで、猫と暮らしたことが無かった私。
見てると可愛いけど、触るのは怖かったし、触るたびにすぐに手を洗ったり・・・
正直トイレの後始末なんて、最初はうえ~ってなりながらやっていたくらい(笑)



そんな私が、猫無しでは生きていけない位、超猫好きに変えてくれた猫。

ジャムちゃん、家族になってくれてありがとう!
出会えて本当に嬉しかった♪


おかげ様で、今は猫バカ街道まっしぐらです(笑)




さて、ポチとジャムとのお別れの悲しみから救ってくれたバニたんですが・・・





CA3F08430002_convert_20110808212833.jpg




暑くてのびてます(笑)

札幌もず~っと30度を超えてるのに扇風機1つで頑張っています!



でも、明日から、釧路の私の実家にみんなで行ってきます♪

釧路は、今時期でも最高気温24度位。
ひどい時は20度前後のことも・・・


夏場でもストーブつけるときもあるし、この100年で6回しか30度超えたことがないんです!


かなりの避暑地です(笑)


まぁ夏なので、ほどほどな暑さは欲しいと思いますがどうなるのかな~?



帰ってきたらブログにアップしますね♪


スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット
コメント

あきばにさん、こんばんわ(^_^)/
ジャムちゃんのお話、最期は本当に悲しかったけれど、でも胸がジーンとあたたかくなりました。
ジャムちゃんもあきばにさんと出会って心が通じて・・・とてもしあわせな毎日を過ごしていたのですね♪
そうそう。目が覚めると、猫ちゃんって胸の上に乗っていたり首にまとわりついていたりするんですよね^^
だけど、やわらかくて温かくて・・・
あきばにさんが猫ちゃん好きになられたからこそ、今バニたんと暮らしてらっしゃって・・・
出会いって本当に素敵ですね☆

あ、みなさんで釧路のご実家へ行かれてるんですか!
思いっきり楽しんできてくださいね♪
また更新を待っています(^_^)v
2011/08/09(火) 00:04:39 | URL | バニラママ #vSf/mCks[ 編集]

こんにちはです。

いってらっしゃい!
つか、これ見るときは『おかえりなさい』かな?(^^♪

そっかぁ・・
そんな過去があってのバニたんなのねん=^^=

溢れる愛情の意味が、少しわかった気がします。
2011/08/09(火) 13:40:41 | URL | kaminomoribito #-[ 編集]

ジャムちゃんとはそんな思い出があったんですね。
14歳から一緒に暮らして、腕枕で寝てくれるなんて・・・・
そんなに仲良しになれるんですね。
それにしても1時間でも2時間でも抱っこしてあげるあきばにさん!
優しいなあ。
19歳の大往生は立派ですよ。
最後にたくさん抱っこしてもらえて、ジャムちゃんは大満足で旅立ったと思います。

今頃バニたんは涼しい釧路を満喫しているのかな?
お土産話が楽しみです。
2011/08/13(土) 00:29:01 | URL | じゅり母 #sowQq82.[ 編集]
バニラママさんへ
ありがとうございます♪
昨日釧路から戻りました~e-454

ジャムとの出会いは、猫と暮らす楽しさや幸せ、そして大切な者を失う悲しみ辛さ・・・本当にいろんな事を教えて貰いました。

別れの辛さは、今でも忘れられないし、怖いと思うのですが、それ以上に一緒にいるときの楽しかった思い出の方が強くて・・・。

だからもう1度バニたんと家族になろうと思いました♪

家族になるからには、ペットロス覚悟で、精一杯愛情を注ぎたいな~と・・今の親ばかなあきばにになりました(笑)

里帰りの様子はちょっとずつ更新しますので、また遊びにきてくださいね♪
2011/08/13(土) 21:12:14 | URL | あきばに #-[ 編集]
kaminomoribitoさんへ
ありがとうございます♪
ただいま~ですe-454

ジャムと暮らし始めた頃は、おばあちゃん猫にもかかわらず、とっても元気だったので、頭ではわかっていても、ず~っと一緒にいられるような気がしていました。

だから、何の心構えも出来ないうちにお別れしてしまって、自分が思っていたよりはるかにショックも大きくて、一緒の時間を、もっと大切にするべきだったと、凄く後悔したんです。

同じ後悔をしないためにも、誰がなんと言おうと親ばか街道を突き進むぞ~と思っています(笑)

帰省の様子は後ほどアップの予定です♪
2011/08/13(土) 21:20:26 | URL | あきばに #-[ 編集]
じゅり母さんへ
ありがとうございます♪

ジャムと一緒に暮らしたときは、猫と暮らすための知識が全く無い状態で、なんの先入観もありませんでした。

今だったら、14歳の猫と仲良くやっていけるのか、いろいろ考えてしまいますが、何にも考えず、接していたのが逆に良かったのかもしれません♪

でも、食事やキノコの知識があったら、もっと気を配って20歳を超えられたかも・・・なんていろいろ後悔もあるんですが。

でも、本当に幸せな楽しい時間でした♪

バニたんは涼しい釧路を満喫できた・・・かな?
後ほどアップの予定ですので、また遊びに来てください♪
2011/08/13(土) 21:31:13 | URL | あきばに #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://vani119.blog116.fc2.com/tb.php/206-0c8cd9c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。