スウィートバニラ

甘えん坊な猫のバニラを中心に日々の出来事を綴っていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バニたんは、それまでストラバイト(尿結石)の療法食を食べていたのですが、少し前からちょっと食いつきが悪く、ここ2~3日は特に食べなくなってしまいました。


私は療法食に飽きて食べなくなったのかと思い、この日休みだったパパに病院に連れて行ってもらうことになったのです。


このときの私はそんなに深刻に考えていなくて、もし、療法食に飽きたのなら、違うメーカーのものを教えてもらい、それに変えようと思っていました。


万が一、他になにか原因があって、食欲が無かったのだとしても、病院に行って診てもらえば、原因がわかれば治る、解決すると信じていたんです。


だって、バニたんはまだそのとき4歳。
それに、食欲が無いこと以外は、そんなに具合悪そうにも見えなかったんです。



2225_convert_20110508210516.jpg



その日の朝は天気が良くて、バニたんはご機嫌でころんころん転がりながら、毛繕いをしていました。
私の首にフミフミして甘えていました。


全く心配してないと言ったら嘘になるけど、早く病院に行って帰ってきて、原因がわかってホッとしたい。
そんな風に考えていました。



でも、長い長い1日の始まりだったのです。




バニたんが病院に行ってる間、私は仕事です。

仕事中はケータイを持ち込めないので、お昼の休憩時間になるのを心待ちにしていました。

早く結果を知って安心したい・・・。


でも、待っていたメールは、私には想像もつかない内容が書かれていたんです。


「バニたんはお腹に触診でもわかるようなしこりがあって、それが異物を飲み込んだものか、腫瘍なのかはっきりしないので詳しく検査するためそのまま病院に預けてきた・・・」


そんな内容だったと思います。


夕方に詳しい診断を聞きに病院に行くことになっていたようです。


どちらにしても、手術しなくてはいけない。


物凄くショックでした・・・。

バニたんは前にも長いリボンを飲み込んで、胃に引っかかり、腸閉塞を起こし掛けて手術したことがあります。
だから、バニたんが誤飲しそうなものは、置きっぱなしにしないように細心の注意を払っていたし、

あの時の食欲の無さや症状とは違う気がする・・・。

でも、まさかバニたんが癌だなんて・・・

それはもっと受け入れたくない!

どっちがバニたんにとっていいのか・・・どっちも良くは無いけどとにかくバニたんが少しでも辛くない方であって欲しい!


そんなことばかり考えて、仕事に全く身が入らず、少しでも気を抜くと涙が出そうになって・・・

それをこらえるのに必死で・・・


仕事が終わって、職場でパパが迎えに来るのを待とうと思ったのですが、涙が出そうになるので、外を歩きながら、車に出会うのを待ちました。


もう我慢が出来なくて、涙をぽろぽろ流しながら、幸い人通りの少ない道をとぼとぼ歩いていきました。


それでも、そのときは手術をしたら何とかなると、心のどこかで楽観的に考えていたような気がします。




2247_convert_20110508210556.jpg



この写真は病院に連れて行く2日目に撮った、闘病直前の写真です。
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://vani119.blog116.fc2.com/tb.php/165-561c95b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。