スウィートバニラ

甘えん坊な猫のバニラを中心に日々の出来事を綴っていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バニたんの闘病が始まった頃、いつ何があってもおかしくない状況のなか、私は仕事を1週間ほど休み、バニたんにつきっきりになっていました。


夜も、居間のソファに横になり、バニたんをお腹に抱っこして、うつらうつらしながらも、ほとんど寝ないでバニたんの寝顔をみつめていました。


とにかく体力をつけるためにもご飯を食べなきゃということで、バニたんが目を覚ますと、夜中でも少しずつご飯を上げる。


闘病が始まったころは5月。

日がだいぶ長くなって、夜明けも早く、北海道では4時位にはかなり明るくなります。


明るくなり始めた頃、バニたんをベッドの枕元に連れて行って、窓を少し開けて、朝の風を少し感じながら、いつもと変わらない風景をバニたんとぼ~っと眺めていました。



CA3F0642_convert_20110429210303.jpg




いつも変わらない景色だけど、「今日もバニたんと朝を迎えることが出来たんだ」というホッとした気持ちと、「明日は一緒に迎えることができるのだろうか?」という新たな不安。
そんな複雑な気持ちでバニたんの後姿と、外の景色を見つめていた・・・。



バニたんの寝顔を見ながら、何度も息をしてるのか確認しないと不安でたまらなかった日々から、いつの間にか、一緒に安心して眠れるようになった今・・・



明け方にご飯を催促するために、ママを起こし、ご飯を食べた後、外の景色を見てから、もう一眠りする
その習慣だけが今でも残っています。



CA3F0646_convert_20110429210421.jpg



ご飯は、モリモリ食べるので、回数もあげる時間もある程度安定してきて、夜明けのご飯も本当は必要ないんですが・・・


バニたんにとって夜明けのご飯は絶対譲れないらしく、起こされても寝たふりしてると・・・
いつまでもしつこく顔をぺろぺろ舐めて、喉をごろごろ鳴らして、超可愛く「にゃお~ん」と鳴きながら、起きるまでそれを止めてくれません・・・(苦笑)



起こし方が可愛いから、ついつい負けて、夜明けのご飯タイムにお付き合いしています(笑)




CA3F06480001_convert_20110429210354.jpg




でも、最近ちょっとこのご飯のタイミングがずれてきて、起こされるのが、夜中の2時頃になってきて・・・
それでもバニたんは、寝る前に必ず外の景色を見てから布団に入ってくるんですが、


時々外を見て、2本足になって窓に張り付くように見ていることがあって・・・
夜中の2時。
真っ暗な外で、何が見えてるのか・・・?


ママは一緒に外を見る気にはなれません(笑)
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット
コメント

安心して一緒に寝られるようになって
本当に良かったですね。
子供と動物の病気は見ていて辛いですもの。

可愛いおねだりかぁ。。
うちは思いが通らなかったら
実力行使ですからね。
盗み食いするヤツと食器持参で
くれくれ攻撃するヤツと。
無視したら髪の毛毟られます~!!!

そうならないことを祈ります(笑)
2011/04/30(土) 18:51:50 | URL | チビ太ママ #mQop/nM.[ 編集]
はじめまして♪
訪問有難うござます。
初めて、コメします。
Seiko姐さんと同じくシャムmixで、しかも今は亡きジジと同じ悪性リンパ腫でそれを克服したバニラ君。(因みにジジもシャムmixでした)
凄いです!!
ジジも幾度となく、色んな山を乗り越えて来ましたが思い叶わず旅立ってしまいました。でも、バニラ君の様に頑張ってる子が居るのにビックリしたのと、あきばにさんのお気持ちが物凄く分かるので、思わずコメしちゃいましたv-356
また、ちょこちょこ訪問させて頂きます(*^ ^*)宜しくですm(_ _)m
2011/05/02(月) 12:49:50 | URL | mellgi #-[ 編集]
チビ太ママさんへ
いつもありがとうございます♪
そうですね~
安心して眠れるって、本当にありがたいことだな~と思いますe-257
起こし方が可愛いバニたんですが、これはママ限定で、パパを起こすときは、容赦なく5・7キロの全体重をかけて、細い折れそうなパパのお腹をふんずけていきます(笑)
2011/05/03(火) 10:05:31 | URL | あきばに #-[ 編集]
mellgiさんへ
初めましてe-257
コメントありがとうございます♪
チビ太ママさんのブログからジジちゃんのことを知りました。
同じ病気と闘って頑張って生き抜いたジジちゃんに私も胸がいっぱいになりました。
気持ちをわかってくれる人がいる事、コメントはとても勇気づけられます。
嬉しいです♪
これからもよろしくお願いします♪
2011/05/03(火) 10:16:31 | URL | あきばに #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://vani119.blog116.fc2.com/tb.php/161-a00fea02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。